車中泊・キャンプ

2018年 今年ゲットしたい欲しい車中泊グッズはコレだ!

更新日:

去年から本格的に再開した車中泊。
いや〜去年はいろいろ買いそろえました。
すっかりお財布がピンチです。

 

2017年買ったもの

・車(13年乗ったワゴンタイプの常用車がいつ止まるかわからないと言われ、なくなく新しい車を購入。いろいろ悩んでやはりワゴンタイプの常用車をチョイス)
・ルーフテント
車載バッテリー
車載冷蔵庫
車用カーテン
車用目隠しシート
車用網戸

 

車中泊ファミリーにはコレ!

こんなに買ったのに、今年どうしても欲しいものがあります。
それはスクリーンタープ!(スクリーンテント)

今使ってるのは屋根&足タイプのヤツ(運動会とかでよく見るタイプ)。
屋根が青くて、キャンプ場ではなんとなく〜な〜といった雰囲気。

(いい写真がなかったのでイメージまで)

車中泊キャンプだと車止めて、スクリーンテント貼って、テーブル&椅子出すのが
うち的にはベスト。
車に付いてるロールスクリーンみないなのを伸ばしている人もいるかもしれないが、
子連れ家族には狭いし、車に近いと子供が車を傷つけてしまいそうでコワイ。

そこで去年からチェックしてるのは以下の2タイプ。

 

とにかく時短、ラクしたい派におすすめタープ

ドッペルギャンガー
コネクタブルスクリーンタープTT5-530

以前キャンプ旅行に行く際に準備・撤収時間短縮の為に購入した、
ドッペルのワンタッチテントがあまりにも楽ですっかりハマってしまった。
それ以来コールマン2ルームの出番もかなり減ってしまった。

ということで、気になってるドッペルのスクリーンタープ。
色もベーシュ&オレンジで目立ちすぎずオシャレ
多分組み立ても簡単だろうし、今一番欲しいものである。

去年、買おうかどうか迷ってたらあっという間になくなってしまった。
ちなみに今年はまだ出てきてない。
この商品がまた売り出されるのか、新商品が出てくるのか
いずれにせよ要チェックなのである。

メリット  ○ カンタンワンタッチ
デメリット × 畳んだ時の大きさがデカイ。車の中でじゃま

組立サイズ(外寸):(約)W3500×D3500×H2500mm
収納サイズ    :(約)W1240×D250×H250mm
重量(付属品含む):(約)15.7kg

 

運動会からキャンプまで、マルチタイプタープ

カンタンタープ
キャンプカスタム

最初に買ったタープはカンタンタープでした。
買ったのはもう20年くらい前だと思いますが、支柱も壊れることなくまだまだ使えそう。
さすがテント屋のタープです。
(屋根のビニール?の部分がネタネタしてきまいしたが、買い換えればまだまだ使えそう。
しかし、スチール製なので重いのが難点)

そのカンタンタープからキャンプカスタムという超かっこいいモデルがでております。
このテントが面白くて、基本は良く見る屋根と足を組み合わせたテントなんですが、
中にスクリーンメッシュを取り付ければメッシュテントができ、
サイドウォールを全面つけてしまえば、この中で寝ることも出来ちゃうのです!!!

運動会からキャンプまで大活躍の一品!

メリット  ○ 必要に応じてカスタムできる、壊れても部品取り寄せ可能、長く使える
デメリット × 寝るまでセットする場合、いろいろ取り付けなければいけないため面倒

組立サイズ:幅260×奥行き260×高さ240cm(2.6mの場合)
収納サイズ:幅20×奥行き20×高さ98cm
重量:(約)11kg

 

新商品にも期待!

現時点ではドッペルが欲しいな〜って思ってるんですが、
なんせ商品が世の中に出てない状態。
シーズンまでにはなんとかなるんでしょうが、
もしかしたら新商品でさらにステキなものも出てくるかもしれないし、
寒〜い冬の間はワクワクしながら、お小遣いを貯めておきましょう!!!

 

-車中泊・キャンプ
-, ,

Copyright© だらだらWEB , 2018 All Rights Reserved.